千年の遊竜 ノノ

千年の遊竜 ノノ
セリフ大変な時だから、笑うの。そしたらみんな笑うでしょ。
みんなをふふって笑わせるのも、ノノのお仕事だと思うの!
収録荒れ狂う破濤B12-059SRIllustかわすみ
出撃コスト4CCコスト-兵種固定職マムクート
戦闘力60支援力20射程1-2アイコン聖痕/女/竜石/竜
スキルノノの宝物!自動型
このユニットの攻撃終了時、それがこのターンの1番目の攻撃の場合、自分の絆カードを1枚選び、手札に加える。
スキル長寿な竜一族常時型
自分の絆カードが7枚以上の場合、このユニットの戦闘力は+30される。

考察

永遠の幼子 ノノをそのまま出撃コスト1分大型化したようなカード。

絆カードの回収が目覚めし竜王の娘 チキと同じ条件つきの攻撃終了時になったことで、無垢なる竜人 ミルラのように比較的融通が利くようになった。
ただし、回収したい絆カードを裏にするために他の味方が攻撃してスキルを発動する必要がある、他にも絆カードの枚数を参照する味方がいるため先に減ると困る、といったケースもあり、『常若の救世主』に比べると不自由する事は多い。
また、同じ条件のスキルを持つ目覚めし竜王の娘 チキと併用するとどちらかのスキルが使えなくなってしまう。
とはいえ、あちらの同条件のスキルは戦闘力アップ効果であり、肝心の絆加速スキルとは競合しないので、戦闘力の高い主人公と戦う場合でなければ致命的ではない。

『長寿な竜一族』有効時の戦闘力90は強力だが、永遠の幼子 ノノの戦闘力80と攻撃面ではそこまで変わらず、防御面でも多くが戦闘力70+20である竜特効や撃破スキルといった天敵への耐性は変わらないという見方もでき、有効に機能するまでに1ターン遅れるというデメリットも多くのデッキにおいては無視できない。
一方で、絆カード5枚以下では出撃すら躊躇われる永遠の幼子 ノノに対し、いざという時は絆カード4~5枚の時点でもデメリットのないバニラ扱いで運用できるという点、その場合にも戦闘力60かつ射程1-2と及第点の能力を持っている点が評価出来る。
総じて永遠の幼子 ノノとは一長一短の関係であるため、優先順位はデッキ次第となるところが大きい。

関連ページ