ヴァルム帝国皇帝 ヴァルハルト

ヴァルム帝国皇帝 ヴァルハルト
セリフ我は覇王ヴァルハルト!
我が覇道を阻むこと、誰であろうと許さん!!
収録荒れ狂う破濤B12-072NIllustAzusa
出撃コスト1CCコスト-兵種下級職ヴァルム皇帝
戦闘力60支援力10射程1アイコン聖痕/男/斧/アーマー
スキル我が覇道常時型
相手の主人公が前衛の場合、このユニットは相手の主人公しか攻撃できない。
スキル手出し無用常時型
他の味方は相手の主人公を攻撃できない。
支援スキル攻撃の紋章攻撃型
戦闘終了まで、自分の攻撃ユニットの戦闘力は+20される。

考察

コスト1で驚異の戦闘力60を持つが、引き換えに2つのデメリットスキルを持つ。
主人公にしか攻撃できなくなる制限は、不敗の剣闘士 ホリンと違って後衛に逃げられて攻撃不可能になることはなく戦闘力の高さから主人公に十分有効打を狙えるのでそこまで問題ではないが、他の味方が主人公に攻撃できなくなるのは致命的。
攻撃の紋章持ちというのもあってスペック上は速攻デッキにもってこいなのだが、速攻デッキへの採用はほぼ不可能だろう。
主人公として運用する場合も、相手が展開を渋ると支援スキル目当ての攻撃もできなくなってしまうのが厄介。
竜人の紋章が豊富な聖痕のカードであり、神を超える覇王 ヴァルハルトも絆加速が欲しい性能なので、ひときわ痛いデメリットになりうる。

そもそも終盤まで主人公に攻撃しないことも多いコントロール系のデッキなら、攻撃は捨てて壁ユニットとして採用が考えられる。
ただし、射程1-2や敵移動効果が充実した相手にうまく放置されると、攻め時になっても攻められなくなるという可能性もあるので注意すべきか。

  • 原作では騎馬かつアーマーの専用クラス「オーバーロード」しか存在しないが、サイファオリジナルの下級職が設定され、(騎馬ではない)アーマーのクラスとなっている。
    チェンジプルフの資質がアーマーナイトとドラゴンナイトであるため、アーマー寄りであると判断されたのだろうか。
    ジェネラルにクラスチェンジすれば斧を持てるため、擬似的に再現することも可能である。

関連ページ